昔に比べてラインが狭くなってしまった

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください





今回はほんの少しだけ広げた例です。


いろいろな悩みの人がいます。
昔に比べて、ほんのちょっとなんだけれどもラインが狭くなってきて気になる、という人は多いです。
わずかなのでしょうが、まぶたの皮膚がたるんできた、というパターンです。
埋没法でラインを広げることによって
少しだけ時間を巻き戻すような効果を生み出してみましょう。


まずは手術前から。
手術前
こう見るとごく普通にいいラインの目です。
埋没法を両目に行い、広げていきましょう。


手術直後のお写真です。
直後
少しだけラインが広くなっています。
目立つ腫れは全くなく、非常にいい感じ。

狭くなってきた、という人にとっては
こうやってラインが広がることは、変化幅の大きさ以上に意味があることなのではないでしょうか。


最後は1週間目です。
一週間
微妙な腫れ等落ち着き、大きな変化ではなくともしっかりとラインが生まれ変わりました。
2枚目のお写真とあんまり変わらないは変わらないですが
でもやっぱりナチュラルに落ち着きました。


1枚目と比較して
ライン幅の差は大きくはないものの
確かな変化がみられています。


ちょっとたるんできたかな?と思っても
周りの人には何も変わらない、なんて言われてしまったり。
そういったちょっとの差は
こういうかたちでラインを広げることで
目をさらに若々しくしていくことが可能、ということです。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR