なんとなく重い目をはっきりとさせた切開法の例。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください





今回は切開法のお写真を掲載します。
最近は切開法の問い合わせ、カウンセリングも増えており
以前に比べて、関心が高まってきている、という印象があります。


広いラインが埋没法で可能なケースもあるし
まずは埋没法で試してみて、という方が多いのは事実ですが
切開法独自の能力としていくつか挙げられますが
まぶたの上の皮膚が多い場合それを切りとってすっきりさせたり
といった点もあります。


今回のお写真は、その能力の例。
もともとまぶたの上の皮が多く
そこを少し多めに切除したうえで
二重のラインも生み出した例です。
前回は切らずにたるみを少なく見せた例でした。
いろいろなパターンがありますね。




まぶたの上の脂肪も同時にとることが可能ですが
今回のケースではあまり脂肪は多くなく
切除は行っていません。
切開の場合はしっかりと観察して
脂肪の量を見ることもできるので
適切な処置をおこないやすい、という利点もあげられます。


上が手術前、下が1カ月目のお写真になります。

手術前

一ケ月
はっきりしたラインが生み出されているのがわかりますね。
まだ完全に滑らかになりきっていないですが
目を映えさせているのがわかります。



すごくおおざっぱな言い方で
埋没法の1週間くらいが切開法の1ケ月、なんて表現したりする場合もありますが
切開の場合、切ってる部分あり
内部処理といって切開線から下の部分の内部の組織をいじっている部分あり
というように広く切開・切除をしているので
切開線のあたりを中心に少し硬くなり、しこりっぽい感じがしばらく続きます。
だんだんとこの部分が柔らかくなって落ち着いていくと
ライン幅が更に落ち着き、形も滑らかになっていきます。


お写真の方の場合も
そういった感じで
もう少し落ち着いて滑らかになっていく途中経過、と言えます。
実際、いろいろな角度から見ると
目がはっきりすると同時に、まぶたの上がすっきりしたのもわかります。
より落ち着いてくるのが楽しみですね。



切開法の後に埋没法で調整可能か?
という質問があったのでここで触れておきます。
これはかなり状況によってしまう、とは思いますが
狭いラインに変えたい、という場合は基本的に無理、と思った方がよいです。

ラインの中心部分を少しだけ上げたい、なんていう場合は可能なこともありますが
目頭の部分だけを広くしたい、というのは難しいことが多いかな、と思います。
経験から言っているものなのですが
やはりいろいろなパターンがあります。
診察の上で考えていくしかないですね。





PS
拍手コメントへの返事です。


>Y子さん
蒙古ヒダの存在によって目頭の部分がシャープに見えていないという場合には
目頭切開によってシャープさを出すことは十分可能です。
どちらかというと、丸っぽい目頭(かわいい系)→シャープ、切れ長の印象の目頭(美人系)
という変化をさせるタイプの手術なのです。


ただ、目頭切開はもともとの目の形に左右されやすいので
診察の上で考えていくしかないです。シミュレートして結果を予測し
希望の形になりにくいようであれば
手術をしないほうが賢明、と言えます。



切開後の埋没法に関しては上記しました。
いずれにしても目によってかなり話は変わってくるので
実際に見てみて判断していくしかないです。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR