切開法の適応とは

切開法についての質問は
埋没法に比べるとはるかに少ないのですが
根強く送られてきます。


どんな人に向いているのが切開法なのか?という問いもあります。



僕は埋没法で可能なラインのケースでは
埋没法を薦めていることが多いです。


ただ、
戻らない方法で!と希望される場合

切開法が適応になってきます。




後は・・・
目の上の脂肪が多くて
広いラインが出来ない場合。

小切開による脂肪取りを考えることもありますが
ある程度広いラインを考えるときには
やはり全切開を行って(全切開=まぶたを二重のラインにそってほぼ全体的に切る)
その上で 見ながらきちんと適切な量の脂肪をとりつつ二重を作ってあげるほうが確実ではあります。




そして一番は
ある程度の年齢に達していてたるみが多いケース。
これは切開によるたるみとりを伴わなくてはなかなか苦しい。
糸でむりに持ち上げたような感じにしても
結構すぐに元にもどってしまいがち。
余計なたるみを取り去ってしまうのが、綺麗です。



ただ、やっぱり「切りたくない!」という人は多いし
広すぎるラインで切開法を行ってしまって戻せないこともよく考えなくてはいけない。
ダウンタイムのことも問題にはなってきます。(やはり切ると腫れは増える。)



しっかりと考えた上での
切開法は非常に武器になるので
カウンセリング時に話し合い、共によく考えることが大事です。
埋没か、切開か。
メリット デメリットが自分に適するか、です。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR