自然でありながら主張するライン。

今回は埋没法。
自然でありながら、しっかりと主張するラインを生み出した例です。


まずは手術前から。
手術前
奥二重の目です。
はっきりしたラインはありません。
ここにしっかりとした幅のラインを生み出していきましょう。


埋没法終了直後です。
直後
少しだけラインが広く出ているかな、どうかな?というところ。
直後でもずいぶん自然です。


1週間目です。
一週間
アイメイクも加わり、非常に映えていますね。
メイクをしても幅の見えるライン、というものを希望する人は多いです。

埋没法でどこまでのラインが可能か?は人によって変わってきます。
この方の場合はもっと広いラインも可能かもしれませんが
ナチュラルで非常にいい幅、と言えるのではないでしょうか。
いい感じです。



今回は目を閉じたお写真も見てみましょう。
直後 閉眼
何箇所か刺したあとが見えますね。

少しひろく何箇所にも及ぶように糸をつけています。
(この場合は2本糸を使っています)
人によっても違いますが3~7カ所くらいに糸が通る点のあとがつくかな、というところ
滑らかで仕上がりの良いラインを生み出すために
こういった様にちょんちょんと跡が何箇所にも及ぶような糸のつけ方なのです。
点、というあとを嫌がる人もいると思いますが
あとで美しいラインの方が意味がある、僕は思っています。
あまりこだわりなく、どんなラインでもいいのであれば
こういった点が出ないようなやり方で行ってもいいとは思いますが・・
どこに力点を置くかですね。
僕はこういう風に考えています。
じっさい、少しすると消えるし、化粧で十分隠せますからね。


さらに見ていきましょう。
右目の外側は通った点がどの辺なのかも良くわからない感じですが
少し青くなっているところもあります。
内出血は時間が経つとやや広がってくる場合もあります。
もう少し多く出る方がいるのも事実です。
うまくアイメイクで隠してあげる、ということも大事ですね。



ただ、極端にくぼんだり、ということは全然ないです。
変にくぼんでいると腫れも多くなることは多いです。

最後は1週間目のお写真。
一週間 閉眼

くぼみはこのように目をつぶってしまえば問題ないですが
ゆーっくり目を開く閉じるをしながら
自分で薄目をあけてみてみると
初期には少しくぼんで感じる場合はあります。
実際そういったゆっくり開閉を繰り返して他人にじっくり見せる、というシーンは
通常あまり無い、と思うので
あらさがしをして心配しすぎるというのは良くないかな?と思います。


一生懸命悪く見えるパターンを探すのではなく
いい感じに見えるようメイクをしたり
堂々としていたり、というのが一番ではないでしょうか。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR