繊細な変化の目頭切開

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください





ドクター松井クリニック 松井です。
今回は目頭切開のお写真。


目頭シリーズの前回は
けっこう変化の大きい症例でしたが
今回は微細な変化。
でも、小さくても変化しています。


経過を追ってみていきましょう。
まずは手術前。
手術 前
両方の目に目頭切開を行います。
右目は埋没法も行っています。

手術直後です。
手術 直後
やはり少しむくんでいますね。
ただ、この時点では内出血も腫れも少ない。
「切る」行為を伴うと
内出血・腫れ共に時間が経ってから出てきます。
2~4日くらいがピークなことが多いでしょうか。

抜糸の時のお写真を見てみましょう。
抜糸時
内出血で黄色っぽくなっています。
後は抜糸したところがやや赤いかな、と。
傷の部分は少しすると赤くなってきて、それはしばらくは続くので
メイクでうまく隠していくことが必要になってきます。

でもこの時点でも大きな腫れはないですね。
非常にスムーズな例、と言えます。


最後は1カ月目。
一ケ月
1枚目のお写真とよく比較すると
目頭の変化具合がわかると思います。

わずかでありながら変化がきちんと見られ
なおかつ不自然さはない、と言ってよいと思います。

あと、コンタクトが入るとやはり目は大きく見えますね。
ラインも含め、しっかりとした下地があるから映える、というのはありますが。
メイク等施術も含めそういったトータルで非常にいい効果を生んでいると思います。




PS
クリニックはなんていうんですか?
という声が時々あるので
今回から冒頭に 自己紹介?をつけてみました。

改めて宜しくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR