大きな変化を切開法で。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください




今回は目頭切開+全切開のお写真です。
しっかりとした変化を実現した例、と言ってよいでしょう。



お写真を見ていきましょう。
上は手術前、下は手術後1ケ月です。

手術前

一ケ月

広いラインが生み出されているのがわかりますね。
目頭部分の変化もお分かり頂けると思います。
まだ完全に完成、とは言えない時期ですが
大半は落ち着いている、といったところ。
もう少し馴染んできます。



広めのラインを埋没法でも簡単に生み出すことができる、という人もいますが
かなりその人その人によります。
維持できる、という点まで加わると
なかなか切開法には勝てない場合が多いです。


無理のないラインでの埋没法、というのが基本的にはおすすめではありますが
埋没法でどこまでいけるか?をチャレンジしてみて
その後の状態次第で切開法を考える、という人もいます。
(埋没法を行っている目に切開法を行うことは通常の場合問題なく可能です)


ダウンタイムが取れない人も多いので
埋没法を選ぶ人が圧倒的に多いのは事実ですが
すぐに切開を考える人もいるし
そこは本当に人それぞれです。
考え方次第、なのでカウンセリング時にいろいろ話し合って考えていくしかありません。



関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR