目頭切開でしっかり変化させた例

今回は目頭切開のお写真。
最近は微妙に変える例が多かった感じですが
今回はしっかりとした変化の例です。



まずは手術前の目から見ていきます。
手術前
コンタクトとまつ毛も加わり、はっきりした目です。
ただ、蒙古ヒダもしっかりと存在しています。

このヒダをなくして
より平行型が合いやすい目を実現していきましょう。

ヒダをなくすべくデザインし
目頭切開を両方の目に施行しました。




手術から1カ月目のお写真です。
一か月
上のお写真に比べると少し縦幅が小さく見えているのと
やや目が小さく見えますが
これはメイクやまつ毛、コンタクト等の差でしょうね。
(そういった効果を足していけば、かなり映えていた、と思いますね。)

見てほしいのはそこではなく
もちろん目頭部分です。

蒙古ヒダをなくし
ずいぶん目がシャープになっているのがわかりますね。
きちんとした変化の例ということで
非常に参考になるのではないでしょうか。


後は傷の部分もメイクで隠していないですが
1ヶ月でこんな感じ。
1枚目のお写真ほど白っぽくなっていないので傷がわかりやすいですかね。
もっと落ち着いてきますが
この時点でも目立つ、というほどではないかなと。
メイクしだいではもっと隠せて目立たないかと思います。


目頭切開での変化は
かわいい系→美人系というように
よりシャープな印象になっていくことが多いです。
どちらが好きか?は本人次第。
いつも書いているようにシミュレートを通して
しっかりと考えていくことが大事ですね。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR