若々しい目に。

今回はややたるみのある症例。
すこし重くなってきた目にラインを生み出し
印象を若々しくしていきましょう。


まずは手術前です。
手術前
一重まぶたの目。
少し皮膚が多く、重い印象です。

重さを解消していくべく
埋没法を両目に施行しました。


手術直後です。
直後
次のお写真と比較するとわかりますが
微妙にラインが厚ぼったく出ています。
その影響で、やや目頭側のラインが乱れています。
でも、このくらいであればすぐ落ち着いてくるので安心してください。
ちょっとだけ目が重くなっているのも原因の一つですが


ということで1週間目です。
一週間
すっきり落ち着きました。
1枚目のお写真と比較して目の開きも良くなり
重い印象、たるんだ印象は変わったのではないでしょうか。



埋没法を行う人々は
いろいろな目的をもってラインを生み出します。
広いラインで、もっと化粧映えのする目にしたい、だとか
ほんのり奥二重にして少しだけはっきりさせたい、だとか
その目的は様々です。
今回のように、たるみを感じにくくして
目を若返らせる、という方もいらっしゃるわけです。


実際に切開してたるみを取る方もいれば
このように皮膚の具合によっては埋没法で十分可能なケースもあります。
いろいろ考えながら方向を探っていくのが良いですね。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR