たるみ及びくぼみのある例

今回はややたるみと目の上のくぼみがある例です。


加齢によって
だんだんと目の上の張りは少なくなります。
脂肪が減っていくからです。


これは必ずしも太った、痩せたとはリンクしない部分。
あまりにも極端に体重が変われば別でしょうが
通常は年齢を追うと共に減少していきます。


たるみなども加わると
くぼみと同時に開けづらくなって来たり、といろいろな変化はあります。
こういった変化を少しわかりづらくする、というような方針での変化が今回の例です。




手術前から見ていきましょう。
手術前
目の開きも良く、あまりたるんでいるようには見えません。
でもこれはたるみで開きづらくなった目を
眉毛を上げることでなんとか開いている状態です。

眼瞼下垂の手技を応用して
埋没法を行います。



手術直後です。
直後
少しラインが強調され
腫れで広く見えています。
大きな腫れはないので様子を見ていきましょう!


ということで1週間目。
一週間目
1枚目のお写真と比較すると
目の上のくぼみが変わったことがわかると思います。

これはきちんと目が開くようになったこと
十分に皮膚が引き込まれるようになったこと
という点に由来しています。

眉毛を変に上げなくても
目を開けられるようになっている、というのが
良く見ると1枚目と3枚目の眉毛の位置の変化でわかりますね。

ラインが生み出された、ということだけでなく
こういった理由で様々な変化が起き
若々しさも生み出された、といったところです。



あまりにもたるみやくぼみが多いと
このような埋没法の応用でも厳しい場合があります。
どこまでが可能か、というのは
カウンセリング時のシミュレートを通してみていくしかないです。
たるみがあるとあまり広いライン、というのは難しいですが
目をしっかりさせる、という意味では
こういったラインは非常に有効なので
参考になれば、と思います。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR