ラインを生み、目のひらきをしっかりとさせる。

今回は埋没法のお写真。
一重→二重の変化です。


すこし目を開きにくい、という状態をかいぜんしていった例です。
考察しながらお写真を見ていきましょう。



まずは手術前です。
手術前
目だけのお写真ではわかりませんが
この方の場合、眉毛をあげることによってこの目の開きを生み出しています。
軽度の眼瞼下垂があるケースです。


一重の目にラインができて二重まぶたになれば
やや目の開きもよくなる、という効果は期待できますが
眼瞼下垂の方にむやみに糸をつけると
かえって目が開きにくくなってしまうケースがあります。
なので、少し目が開きやすくなる、落ちにくい、という糸のつけ方を行っています。



埋没法手術直後です。
直後
ちょっと腫れていますね。
ただ、大きなものではないです。

糸をつけたにも関わらず
さほど目の開きも悪くなっていません。
少し開きやすい状態になっているのです。



最後は1週間目。
一週間
先ほどのお写真ではやや強調されていたラインも
落ち着いて滑らかになりました。

ラインも生まれ
糸をつけたあとでも目の開きも悪くならず
むしろ開きやすくなっています。
こういった状態を生み出せれば
額にシワも寄せなくなってきます。



落ち着いた、無理のない二重ライン
非常にいい感じですね。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR