糸で目の開きを良くする

今回はやや左右で開きの差がある目を揃えたケース。

片方の目の開きが弱いので
もう片方の開きに近くなるよう
糸を使って目の開き自体を良くする、という方法を用いています。


お写真で見ていきます。
まずは手術前。
手術前
左はラインがない、というのもあるのですが
右に比べるとやや目の開きが弱い感じ。

ラインを生み出すと同時に
この開き、という部分も揃えていきましょう。


糸を使った切らない眼瞼下垂手術の応用です。
右側もラインを広げていきます。


ということで埋没法終了直後です。
直後
いつも書いているように、手術直後なので
少しだけ目の開きが弱くなっています。
ただ、このお写真で見ると
右の開きの方が弱く
左の方が目の開きが良いですね。
これは左側の目は開き自体が良くなるような糸のつけ方をしているからです。

開きが良くなるような手技+埋没でラインを生み出す手技
ということで、少しだけ開きが弱まっているのでしょうが
それ以上に開きがプラスされているわけです。
手術前のお写真と比較すると明らかですね。


最後は1週間目。
一週間
右目も開きがちゃんと戻り
かなりそろいました。

左目の開きも明らかに大きくなり
いい感じですね。



こういった風に
切らないで、糸だけでの下垂手術
切る手術ほどすごいパワーはないものの
十分に目をぱっちりさせたのではないかな?と思います。


目力をもっと強めたい
ぱっちり、はっきりさせたい
といったような希望がある方には有効ではないでしょうか。
興味があればこういった手術も可能です。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR