自然なラインを腫れの少ない方法でごく自然に生み出す

自然なラインを生み出すこと
それは「腫れない」を目指すのと同等以上にこだわっている部分です。


たいていはその2つはリンクしています。
素直に伸びる美しいラインをうまくデザインすると、腫れも少なくなる。
自然なことを行えるから、とでも言いましょうか。


よく目の上の皮膚を観察すること
その上でデザインするラインを細かく考えること
自然な流れの上に載ったものであれば
早期から自然で、腫れて見えにくい、というのもありますね。



「腫れない二重まぶた手術」を目指すうえでは
非常に重要なポイントとなってきます。




では今回のお写真を見ていきます。
まずは手術前。
手術前
ラインはあるのですが、目を開くと見えてこない。
奥二重の目です。
少しラインが見えてくるような幅に広げていきましょう。



埋没法を両目に行った手術直後のお写真です。
直後
すでにけっこう自然です。
腫れが少ないのがわかりますね。

ただ、ほんの少しだけぼんやりして見えるかな?というところ。
ごく微妙に目が開きづらくなっているのだと思います。
これはすぐに治っていきますね。



ということで最後は1週間目。
一週間
なんとなくのぼんやり感もなくなりました。
非常に自然な二重ラインです。



目にマッチした自然なラインは非常に手術しやすい。
それは確かです。
ただ、それを越えて広いラインを求める人がいるのも事実。
多少の無理をすることはあります。
どこまでを望むか、によってもやや手術戦略を変えているのです。
そういった部分はしっかりとカウンセリング時に希望を述べてもらい
無理なことは無理、と伝えますが
いろいろな方法を駆使して実現していく方向を探ります。
しっかりと観察し、そして実際シミュレートして目の特性をつかんで
後は医師・患者できちんと話し合って決定していきます。
大変な作業ではありますが
あまりにも重要な部分なことは明らか。
共に頑張っていきましょう!!





関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR