ほんの少し、を目頭切開で。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください





今回は目頭切開のお写真です。
微妙な変化で目を整える。
白目を拡大したり、目の間を近づけたりする施術ですが
”やりすぎ”を恐れる人が多いのも確か。

”やりすぎ”に見えるパターンとしては
もともと目が近い場合に無理に強めに行った、というケースが一番多いと思います。
ただ、普通に行った場合にはあまり”やりすぎ”問題が起きるものでも無いです。
シミュレートして確かめて、きちんと考えながら行っていくならば
恐れるものはない、と思うのです。

シミュレートの段階で
「なんか変」だとか「気持ち悪い」と思う場合は
手術するとほぼほぼその結果になるわけですから
踏み切らないほうがよい、と言えるわけです。



では今回のお写真を見ていきましょう。
上が手術前、下が1ヶ月目です。

手術前

一か月


黒目がコンタクトによって大きく見えていますが
それでも目頭側の白目部分の変化はわかると思います。
目の横幅が変わり
かわいい系 → 綺麗・美人系
という感じの変化、と表現されたりします。
before , after どちらが良いか、というのは好みでしょうけれども
目頭切開を考える人が多いのも事実です。
いろいろなお写真を見て参考にしてくだされば、と思います。


その他の部分も考察していきましょう。
白目の内側のピンクの粘膜様の部分
最初のお写真では 左の方がやや見えていて、右はあまり見えていないですが
両方ともより見えるようになっていて
左右ほぼほぼ同じくらいではないでしょうか。


上の方で書いた目頭切開での”やりすぎ”のパターンでは
この目頭側の赤い部分
ここが出すぎていると”やりすぎ”に見える、というものがあります。
もともとこの部分の面積が大きい、という人もいるので
そこもシミュレートでチェックしてみて
見えすぎているような感じ、でなければ問題ない、と言えます。



”やりすぎ”を恐れて
なるべくちょっとだけにしてください、とリクエストしてくる人もいますが
無理にちょっとだけにこだわりすぎて
ほとんど変わりがない、というのであれば手術しないほうが良い、と思います。
シミュレートできちんと確かめた変化になるように
きちんと手術を行っていくこと、それが大事です。
変わらないくらいちょっとだけ、ではなくて
ちょっとの変化を確実に起こすようにしっかり考えていかなくてはならない、ということです。



もちろん可能な範囲内であれば
大きく変化するように考えていっても良いでしょうし
そこは検討しながら、ですね。





PS
拍手コメントへの返事です。


>しーさん
お待ちしておりますね!!
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR