広めのライン。

今回はほぼラインがないところへ
しっかりと主張する広めのラインを生み出していきます。


広めのラインと言ってもいろいろなパターンがあるので
是非前の方のいろいろな記事も読んでみて
見比べてみてください。






まずは手術前です。
手術前
はっきりしたラインはありません。
ここに主張するラインを生み出していきましょう。


埋没法直後のお写真です。
直後
大きな腫れはないですね。
ただ、やや左目の開きが落ちているのがあるかな、というところ。


最後は1週間目です。
一週間
微妙にいびつだった部分も変わり
かなり滑らかになりました。
2枚目のお写真に比べるとそういった部分の変化が見られます。


どのくらいまで広くするか、というのは
個人個人の間隔でも変わってきますが
あまり広すぎると
かえってぼやけてしまったり、眠そうにみえてしまったりというケースも考えられます。
ただ、強めにメイクをする場合は
そういった点にあまりとらわれずに緋色差を求める、という人もいると思います。


今回のケースはほぼすっぴんでも
そこまでぼやけては見えない、とは思いますがどうでしょうか。
目自体の開きの大きさ等も関わってくるので
シミュレートして実際の目でその感覚をみていくしかないです。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR