FC2ブログ

目頭をしっかりと変化させる。

今回のお写真は目頭切開。


一度過去に目頭切開の施術を受けたとのことなのですが
思うほどの変化がなかったため
再度手術を希望して当院に来られました。


上が手術前、下が1カ月目です。
手術前


一か月


上のお写真では蒙古ヒダがしっかり見受けられます。
この部分を変えていきたい、ということで目頭切開を行います。
上下のお写真を見比べると
ヒダの部分が解消され、ずいぶん変化しているのがわかります。


ちょっとの変化と言えばそれまでですが
目頭切開に関心のある方にとっては
このしっかりした変化は興味深いものなのではないでしょうか。
内側はかなり目の面積が広がり
目と目の間の距離も変化しています。


ただ、まだ傷がちょっと目立つかな、と。
過去に一度同じ部分を手術している、という経歴もありますし
しばらく時間をみていくことが大事です。



目頭切開でどこまでの変化を求めるか?というのは人によっても変わってきます。
少し前の記事では変化の小さい例を掲載しましたし
今回の記事はしっかりめの変化のものです。
カウンセリング時に、どう変化するのが、何が可能なのか?ということと共に
どこまでの変化を求めるかをよく考えていきます。
実際施術を行う際に
しっかりと再確認し、デザイン及びマーキングを行っていきます。
そういったステップをしっかり踏んだうえで
実際の施術に入っていくのです。
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR