切開による眼瞼下垂手術

今回は切開の症例。


目を大きく開かせるために
眼瞼下垂に行う手術を用いています。


今回の患者様の目が
開きが病的に悪い、なんてことはないのですが
より目を大きく見せたい、という美容目的でも
こういった手法を用いることは可能なわけです。



まずは手術前から見ていきます。
手術前
以前に埋没法を行っているのですが
右目はラインが取れかけている。
左目はもう少ししっかりしていますが、もっと広いラインの方がいい、という希望もあり
切開法を行うこととなりました。



手術から1か月のお写真です。
一か月
化粧をしている、コンタクトをしている、というのもありますが
より目の開きが大きくなっているのもわかりますね。
左右共に目の開きを大きくするため
挙筋腱膜(目を開くための筋肉である挙筋の腱ですね)を操作しています。
より引っ張り上げてくれるような位置に縫って付け直しているようなイメージです。


目が大きく開くようになるとラインがはっきりしやすいです。
逆に目の開きが悪いとラインはぼやけやすい。
その点でも有利ですし
目の開き自体も変わるので
大きくぱっちりしたい!という希望の場合には非常に有効です。



1か月、という期間は完璧に落ち着いている期間とは言えませんが
この方の場合はかなり落ち着いています。
ただ、切開の場合はもっと時間がかかるケースもないわけではない。
その点だけは要注意です。



ダウンタイム、と呼ばれる 
回復までの時間、困る時間は長いですが
得られる効果も大きいのは確かです。
糸だけでの眼瞼下垂手術もあるのですが
開き+ラインでここまでの効果を出すのはちょっと難しいと思います。
切ることのパワー、は明らかです。



あとは受けることを検討するかどうかは
その人その人の置かれた状況次第です。
無理せずに埋没法でできる範囲を考えていく方が有利な場合もあります。
しっかりと考えて決めるしかありませんね。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR