質問から(番外編)

今日はちょっと番外編。


メールで来た質問
「松井先生はいろいろな人の目の手術をしたり、手術後の悩みも聞いたりで、つらくないんですか?」
というもの。



手術自体はものすごく集中力を要するし、細かくて目・肩・首も疲れるし、という意味では
つらい、と言えば、つらいかな と思います。
このブログで書いている様なことを成し遂げるためにも全力投球しなきゃいけないから。
(書いたら実行しないわけにいかないですからね)

適当にやってる人の方が楽だし、速くて数をこなせると思います。
でもそれは自分にはできない。
よく患者さんに、「力を抜いて」というんだけれど僕は力をぬくのが下手。。。




いろいろな人から術前術後の悩みの 相談が来る。
これもなかなか意思疎通がうまくいかなかったり、希望のとおりにいくには微調整が必要だったりで
大変は大変。

でも、ひとつ本音を言うと
ちゃんと僕に告げてもらえないことの方が何倍もつらい。
悩んでいることを遠慮して言えなかったり
変に心配して他のところに行ってしまったり。
そうだったら気づくことが無いかもしれないけれど、その気づかずに知らないことが一番つらい。

だから言ってもらったほうがいいのです。



そんな感じで
大変は大変。
だけどやりがいはすごくある、と。



あといろんな応援メールにはほんとうに応援されているのです。
だから続けられるところもあると思ってる。
ありがとうございます。
ほんとうに本当に。




最後に一つ。
「絶対に腫れません」とか言っといて手術の後はもう見ない
人々がそんなやつのところにいかなくてもいいように
そして自分自身がそういうやつにならぬように
このブログを書いているところがあります。
綺麗事言うな、と思う人は思えばいい。
口先だけの医師 いいがかりばかりで技術の無い医師
あきあきだよ。









関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR