注射①

今回は注射へのこだわりを書きます。


「細い針で細かく注射すれば痛みは少ないし、腫れもすくない」
この一言に集約されます。
それだけ?というかもしれませんがそれだけの中にもテクニックがいろいろ隠されています。
あと根気。細かい作業への根気。
細かくやるほうが時間もかかります。


「○○美容外科でやったらものすごく痛かった」
こういうことを言う人の中にはものすごく痛がりの人も含まれているかもしれません。
事実、僕が手術しても「痛かった」という感想の人は中にはいます。


でもそんなレベルではなく...
どんな人が受けてもものすごく痛いやり方、というのは世の中に存在します。
こういった手術の進め方を行っている医師、クリニックの場合は、本当に痛いし、それだけではなくて、想像をはるかに上回るくらいに腫れます。


埋没法、糸で行ったのにめちゃめちゃ腫れている、という感想や写真をネット等でみたことがあるかもしれませんが、それはたいていこういうパターン。
簡単に言えば、雑。

更に言えばスピード重視で自分たちのことしか考えていない=患者さんの気持ちは関係ない。

大ざっぱでばんばん無理やり注射したり、変に速く激しく手術したり
という経過を経て出来上がるのは著しく腫れた目なのです。
本人が納得して受けているならまだいいでしょうが、ほとんどの場合はそこまでとは思っていなくてガックリくるわけです。事前にはいいことばかり言われていたりするから落ち込みは大きい。


精密なテクニックと細かな配慮で、腫れを減らす、という約束を守っていく、それが僕に与えられた“果たさねばならないこと”、でしょう。


注射についてはまた続きます。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR