一重→はっきりしたラインを生み出す。

今回は二重埋没法。


ラインがあまりはっきりしない
一重の印象の目から
しっかりとした幅のある二重まぶたへ、という変化を生みだした例です。



手術前のお写真からいきます。
手術前
左はややラインがあるかな?
でも薄いです。
もっとしっかりしたラインを生み出していきましょう。


両目に埋没法を施行した手術直後のお写真です。
直後
少し眠そうに見えますね。
とろんとしている、というか.
これは手術直後でやや下垂が起きている、という状態。
目が開きづらくなっているのです。

ただ、一時的なものでどんどん治っていきます。
そうするとぱちっと見えてきます。


ということで1週間目です。
一週間
メイクが加わったのもありますが
目の開きが良くなったのもわかりますね。


2枚目と3枚目を比較すると
ちょっとした差なのですが
やはり違いますね。



ダメージをおさえた手術を心がければ
腫れは非常に少なくなります。
ただ、こういった目の開きの変化が最初に出ることも多いので
直後は「腫れて見える」というのが正解です。
「腫れる手術」の場合は
この下垂も多く起きたうえで
ダメージも多いためほんとうの意味での腫れも多く
ものすごく「腫れて見える」わけです。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR