微細な変化を目頭切開で実現。

今回は目頭切開のお写真です。


でも、がっつり変化ではなく
非常に微細な変化。
ほんの少しだけ変えた例です。


目頭切開の場合、そもそも小さな変化なので
変化しすぎることをおそれ
控えめに控えめに、としすぎると失敗します。
ちゃんと変化したい場合は、その変化になるように
ちゃんと計算して行わなくてはいけない。


今回の患者様の場合は
少しだけの変化なのですが
控えめでこのくらいの変化を望む、という
自分自身の希望を
きちんと理解し、表出したうえでのものなので
全く問題ない、と考えられます。


どう考え、どう理解しあって、ですね。
手術の前にそれが重要。


手術前
手術前

1カ月目
一ケ月


細かい変化ですね。
写真ではわかりにくいかな?というくらい。
でも実際本人に会うと
変化率は小さいながらも
しっかりとした変化だ、というのがわかります。





どういうヴィジョンを持って
更にそれをしっかりと共有し合って。
手術で結果を出していくには
その部分こそが重要だ、と言えます。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR