糸による眼瞼下垂手術の手法

今回は糸による手術で
埋没法なのですが
やや目の開きも良くするような方針で行っていきます。

眼瞼下垂のある人に埋没法を無理に行うと
目がかえって開きにくくなってしまうケースもあるのですが
少し工夫したつけ方で
目の開きに支障が出ないようにしつつ
しっかりとした開きにより
きっちりしたラインも確立していく、という方法です。





まずは手術前。
手術前
やや下垂気味の目、という印象です。
目をぱっちりさせ、ラインも生み出していきましょう!


埋没法手術直後です。
直後
ほんとに微妙ですが
左目がやや開きにくくなっています。
でもそのぐらいかな。
腫れもあまりありません。
すでにけっこういい感じです。



術前の写真のところにも書きましたが
やや目の開きが重い印象があったので
少し開きやすいように調整した糸のつけ方をしています。
糸を使った眼瞼下垂の手術の応用ですね。



最後は1週間目です。
一週間
ラインができたことにより
目がずいぶん大きく見えるようになりました。
かなりぱっちりした印象になったのではないでしょうか。


このように少し目の開きが重い印象の場合には
ちょっと凝った糸のつけ方を行う場合があります。
しっかりした開きで、しっかりとした二重になれば
目はぱっちりして映えますね。



ミューラー筋という筋肉の部分にも糸をかけた方法なのですが
ミューラー筋はいわゆる挙筋、と呼ばれる上眼瞼挙筋と共に
目を開くのにかかわっている筋肉です。
挙筋の腱の膜の部分も利用しつつ
ミューラー筋部分にも糸をかけ
目の開きを調整する方法です。



場合によっては
微妙にこの手法を取り入れつつ
いわゆる挙筋法、と呼ばれる方法の変法として
施術を行ったりしています。
いずれにしても目に合わせて、ですね。



関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR