目頭切開の経過を見ていこう!

今回は目頭切開。
お写真で経過を追って見ていきましょう。
ものすごい変化のあるタイプの手術ではないですが
しっかりとした確かな変化なのは間違いないです。
興味の無い人には小さな変化だとしても
目頭切開を受けたい、と考えている人には非常に参考になると思います。
いろいろ他の人のお写真を見比べてみてください。




ということで今日の症例です。
まずは手術前から。
手術前
目頭に蒙古ヒダが見受けられます。
このヒダによる突っ張りを取り去っていくのが目頭切開。
両方の目に目頭切開を行っていきましょう。


手術から1カ月目のお写真です。
一ケ月
目頭側の部分が変化して
目の形が変わったのがわかりますね。


1カ月目のアップの写真で
ちょうど両目の傷がわかるものがあったので掲載してみます。
右目がぎりで入ってました!
(右目のアップの写真もあったんですが白く反射してよくわからなくなってました・・)
アップ
化粧はしていますが1カ月目でこんな感じ。
更にこの先落ち着いてきます。



途中経過のお写真も掲載します。
参考にしてみてください。

手術直後です。
直後

そして抜糸時。
手術から5日経っています。
抜糸時
やや内出血で色が変わっているので
その範囲分のお写真にしました。
あと二重の幅等も見ていくと右目はちょっと腫れていますね。
埋没法をした後のような。
このくらいのもので
大きく腫れることはあまりないですが
少しずつ引いていきます。



傷のお写真、糸のついているものは特にかな、というところですが
ちょっとショッキングに感じる人もいるかもしれません。
どんどん治っていきますので
まず最初は我慢。
内出血はもっともっと青く全体的に出る、という方もまれにはいますが
それでも2週間あればほとんど問題ないでしょう。
傷も含め、メイクで隠しながら頑張っていって、ですね。




目頭切開をやるのがよいのか?
やらないままの目がよいのか?
そこは本人の好み次第ですが
シミュレートしてみたうえで
ヒダが無い方がいい!と感じられた人には
上の写真のようなダウンタイムの時期を乗り越えていけば
希望する領域に到達できることと思います。
頑張りがいがありますね!
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR