奥二重の目にラインを生み出していく。

今回は奥二重からの変化。
微細な変化かもしれないですが
目を映えさせることは十分に可能、という例です。



まずは手術前です。
手術前
ごく細いラインはあるのかな?
奥二重ですね。
ラインを埋没法で広げていきましょう。


手術直後です。
直後
少し目の開きが弱くなっていますね。
糸がつくことによって一時的な下垂が起きています。


ただ、「腫れない」を目指していくと
この下垂が起きてもかなり一時的です。
実際、当日の夜に見てもけっこう違います。
このレベルであれば、2日後にはもうかなり問題ないのでは、というところ。


ダメージが大きい手術は
2~4日後くらいが腫れのピークかもしれませんが
埋没法の腫れは
ダメージというよりは
糸がつくことにより、目を開ける筋肉の動きに影響が出て
一時的な眼瞼下垂状態になることで
「腫れて見える」がほとんどのパターン。


「腫れる」手術は
ダメージもさながら
この下垂が強く、期間も長い。
そういった感じになっています。



ということで1週間後。
一週間
もう目の開きも問題なし。
ラインが広がったのがわかります。


微妙なライン幅の変更で
目をはっきりさせる。
いい感じですね。


大きな変化を求めるか
少しの変化を求めるか
それぞれ考え方に差はありますが
どちらもアリ、と思います。
あとは自分にとってその変化が可能か、そして問題はないか。
そこをしっかりと考えていくことが必要です。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR