埋没法、内出血が出た例。

今回は一重→二重
ラインを生み出し目を大きく見せたお写真です。




まずは手術前から。
手術前
一重まぶたです。
目を大きく見せたい、ということで
両目に埋没法を行っていきます。


手術直後です。
直後
直後ですが
すでに目が大きくなっているのがわかりますね。
すでにいい感じ。


1週間目のお写真も見ていきます。
一週間
さっきの直後のお写真とあまり違いは無いですが
左目、ちょっと赤く見えています。
内出血が出ています。
メイクをすればけっこう隠せますが
こういったすっぴん状態だと左右の差で
ややわかりますね。


内出血が見られたので
目を閉じたときのお写真も載せておきましょう。



まずは手術直後。
直後 閉眼
少しいじったあたりが赤くなっています。
この時点では大きな内出血はありません。


1週間目。
一週間 閉眼
左目の目じり側に内出血が出ていますね。
少したってから出てきたものです。
メイク等で隠して様子を見ていくと
遅くても2週目くらいでほとんどの部分が消えていきます。


すごく強く内出血が出ているわけではないですが
開いた時のお写真でややわかりやすかったですね。





ちょっとだけ目が開き気味なので
ややラインのところがくぼんで見えますが
強くくぼんだり、はないのでご安心を。


はじめは片目だけ閉じて施術した部分を見ようとしたりすると
いびつだったりくぼんで見えて心配になってしまう人もいますが
中途半端に閉じた状態で見ると変な風に見えやすいので
心配しすぎることは無いです。
薄目を開けて下から鏡でゆっくりと開閉を見ると
初期はちょっと引っ張られて見えるかな、というところ。
普通の開け閉めではあまりわからないですが
こういったことも落ち着いてきます。
最初はいろいろ心配はあると思いますが
頑張って乗り越えていきましょう!




PS
拍手コメントへの返事です


>ゆりさん
嬉しい報告ありがとうございます。
手術喜んでいただけたのならなによりです。


わからないことなどあれば
お教えくださいね。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR