全切開法+目頭切開の一例

今回は目頭切開と全切開法を同時に行った例です。
手術前のお写真、1カ月目のお写真を見比べていきましょう。



まずは手術前。
手術前
蒙古ヒダがわりとはっきりしているタイプ。


蒙古ヒダのつっぱりが多いと
隠れている白目の部分も多くなります。


目頭切開を行うと、その隠れた部分が出てくるわけです。


1カ月目のお写真で比較してみましょう。
一ケ月
術前のお写真と比べると
目の横幅、目頭の形が結構変わったのがわかります。

目と目の間も、横幅が変わったことにより
近づいていますね。



まだ傷は完全ではないものの
目頭部分もそこまで目立ちません。
少しずつ、更に落ち着いてきます。


目頭切開の効能がわかりやすい例では、と思います。



全切開により、ラインも生み出されているのもわかりますね。
蒙古ヒダのつっぱりが強いと
そこに引っ張られてどうしても末広型になりやすいのですが
目頭切開でヒダが解消され
ラインも平行型として出ています。
極端なラインではないですが
ある程度の広さがきちっとあり
アイラインを引いても幅がしっかり見えますね。



目頭切開と全切開を組み合わせ
縦・横、共に目を大きくした、という例でした。
大きな変化を望む場合は
こういった組み合わせは有効です。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR