目頭切開後の経過。

昨日の続き、目頭切開+埋没法の例です。


今回は経過を追ってみてみましょう。


まずは手術前
手術前


手術直後です。
直後
ラインもちょっと腫れていますね。
目頭切開の傷には糸がついています。
ちょっとだけ内出血しています。


抜糸時(手術から5日後)です。
抜糸時
内出血が広がっています。
こんな範囲で出た、というのがわかるように載せてみました。
もうしばらくすれば消えてしまいますが
メイクで隠していくのが良いでしょう。
(内出血は2週くらいでなくなります。)

傷に関しては、抜糸直後なので赤さがあり
もう少しすると目立たなくなりますが
更にもう少したつと、また赤みが出てきます。
赤い時期はけっこう長い、と思っていたほうがよいでしょう。
メイクで隠せば目立たないですが
しばらくは赤い。
忘れたころに治っている、といった感じで
半年、長いと1年くらいかかって赤みが消えたり
確率は低いですが、場合によっては少し赤さが残ることもありえます。




最後は1カ月目。
一ケ月
もうかなり落ち着いています。
ただ、まだ傷は少しわかります。
もう少し時間を見ていって、ですね。
うまくメイクでかくして様子を見ていきましょう。



よーく見た場合には傷は残っている、と言えますが
目立たなければよい、と思います。
なるべく傷が目立ちにくくなるよう
初期はお薬を処方して飲んでもらう、というように対策しています。



あとは気長に待てるかどうか、です。
すぐにパッと治る、というように思っているなら違います。
魔法ではないのでその辺りが大変なところ。
うまく隠すこと、我慢すること含め
頑張っていくことが大事です。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR