末広ラインを広げる。

今回は末広型のラインを広げた例です。
ラインのちょっとした差は
実は大きく目の印象を変えていく、という例です。


まずは手術前から。
手術前
少しラインはありますが広いものではないです。
このラインを埋没法で広げていきましょう。


手術直後です。
直後
ラインが出て、目の印象が変わっているのがすでにわかりますね。
やや手術直後の下垂が起きています。
このせいで、ちょっとだけ眠たそうにみえるわけです。
すぐに変化して開きが戻ってくるので、様子をみていきます。


最後は1週間目。
一週間
2枚目と比較し、メイクやコンタクトで差がでているのは当たり前ですが
よく見るとやはり開きが良くなっているのがポイント。
そこで更に目がはっきりしました。


ちょっとの差なのですが
直後は本人は気になると思います。
でも「腫れない」を目指していくと
腫れが引くのも速いです。
まずは頑張って乗り越えて、ですね。


下垂が起きると
厳密に言うと ”腫れている”のではなく
”腫れて見える”だとか”腫れぼったく見える”、”眠そうに見える”
という感じです。


「腫れる手術」の場合は
共通に起きることとして、強い下垂。
極端なものはやっぱり引きにくいです。
この場合はけっこう時間を見なくてはいけません。
そういったものを軽減させていく試みが
「腫れない」への道なのです。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR