クセ→ライン  生まれ変わらせる。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください






このブログでも繰り返し、繰り返し出てくる
アイプチ等でのクセを生かしたライン設定での埋没法。
今回もそういったお写真です。





まずは手術前から見ていきます。。
手術前
右は二重に近いクセがあります。でもやや薄い。
左はもっと薄いクセ。
右に比べちょっと狭いかな?


ここにしっかりとしたラインを生み出していきましょう。
この際に、左右もなるべく合わせていくようにしていきます。




埋没法を左右両目に行った直後のお写真です。
直後
手術直後なので、目をいじられたことによりやや充血しています。
目がうるんだ感じでちょうど泣いた時のような感じでしょうか。

でも大きな腫れはないですね。
すでにけっこういい感じ。





最後は1週間目です。
一週間
特に問題なく落ち着いていますね。
さっきの写真とあんまり変わらないかな?
腫れが少なかったことがここからもわかります。



末広型の美しいラインが
左右共に生み出され、目を映えさせています。
自然で非常にいい感じだな、と思います。
良いラインですね!



クセを生かしつつ
左右も整える。
いい結果につながると
こちらも嬉しいですね!






PS

拍手コメントへの返事です。

>凛さん
目頭切開の場合
少ししか変えない、といっても
切る部分はもっと長くなります。

その方その方の目によっても違うので
(特にヒダの部分の強さ等)
傷の長さ、と言われるとなかなか難しい。
カウンセリングに来ていただき
実際目を見て考えるしかないです。
その上でもあとは手術を実際行ってみると
傷の長さは予想よりも前後します。



後は・・・
ほんとにちょっとしか変えない、となると
少しでも戻りが出るとほとんど変わらなかったり
傷だけ残る、という状況もないとは言えないのも事実です。
まるっきり戻る、ということはないにしても
戻ってしまったように見えてしまう可能性はある、というところです。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR