術後の変化。

今回は一重→二重の変化。

ちょっと変わったパターンかな?
読んでみてください。



まずは手術前です。
手術前
一重まぶたの目です。
ラインを生み出すべく埋没法を両目に行います。



手術直後のお写真を見てみましょう。
直後
ほとんど腫れはないです。
でも実はやはり手術直後の影響を受けているのです。

糸がついたことにより
少しだけ一時的に目の開きが強くなって
思ったよりラインが狭く出ているのです。



ということで1週間目。
一週間
こんな感じで落ち着きました。

もしかしたらやや下垂があって
こういったかたちで落ち着いてきたのかな、というところ。
細かな違いではありますが。


下垂があると
埋没法を行った際にさらに下垂が強まり
開きが悪くなってしまうケースもあるので
今回のケースでは後に大きな下垂がでないように
工夫を加えた挙筋法を用いています。
微妙なところではありますが、そんなふうにこだわった例です。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR