目頭切開でしっかりとした変化を。

今回は目頭切開のお写真。


蒙古ヒダのつっぱりで隠れていた部分
そこをわりとしっかりと出した症例なので
参考にしてみてください。


まずは手術前。
手術前
わりとしっかりと蒙古ヒダが見受けられます。

このヒダによって隠れている部分があるので
目頭切開でそこを変えていきましょう。




手術から1カ月目です。
一か月
1枚目のお写真と比較して
メイクが加わることで華やかになっているのはわかりますが・・
やはり目頭側の目の輪郭が変化しているのも見て取れますね。


目の面積自体が大きくなる、というか。
目を大きくする場合
一番は縦方向の変化だとは思います。
目の開きや、ラインの広さといったところ。
そしてこの横方向の変化で更に一歩上にいく、という感じでしょうか。


あとはバランスなので
その点留意しながら検討していきます。





PS 拍手コメントへの返事です。

>ゆりさん
モニターは写真撮影が必要になってしまいます。
1週間ぴったり、ではなくても大丈夫なので
検討してみてください。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR