目頭切開、しっかり変化させた例。

今回は目頭切開の症例です。


蒙古ヒダを軽減したり、なくすことによって
目元を整える。
この手術の存在は過去に比較して
かなり広く知れ渡ってきたのではないかなと思います。
このブログでも目頭切開の記事は注目度が高いです。
いろいろな目のパターンがあるので
以前の記事も見てみて参考にしてみてください。
今回のお写真も検証していきましょう。


まずは手術前です。
手術前
蒙古ヒダが気になる、とのことで
目頭切開でその部分を整えていきましょう。


手術から1カ月目です。
一か月
すっぴんだとまだキズやその周辺がちょっとわかるかな。
メイクしだいではけっこう隠せるので、工夫していってもらうこととなります。
時間だたつと、もっとわかりにくくなりますね。



ものすごく大きな変化ではないのですが
雰囲気は違いますね。
こういった変化がよいかどうか?はその人の感覚次第。
また、目頭切開をおこなうにせよ
ある程度まで、もしくはしっかりと、といったような
調整も可能なので
そのあたりも考えながら、というようになってきます。



まずはカウンセリングの際に
どういった感じか、というものをつかんで
手術直前にも打ち合わせを行い
加減を考えていきます。



手術前は非常に緊張することと思いますが
そこは頑張って、しっかりと話し合い決定していくことが大事ですね。
こちらもうまく導けるよう、工夫したり努力していこうと思います。




PS
拍手コメントへの返事です。


>ひなのさん
モニターは、診察の上で
手術可能、と判断できれば
よっぽど特殊な場合を除いて(左右大きく違う風にしてほしい、だとか)
あとは特に制限はないです。
ご検討ください。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR