一重→二重 変化度の大きい例

今回は
広めのラインを生み出した例。


変化度の大きい例なので
参考になる方もけっこういるのではないか、と。


さっそく手術前のお写真から。
手術前
一重の印象の目です。
実際は奥二重かな?


ここにラインを生み出していきます。
平行型のやや広めのライン希望、ということで
しっかりとした幅のあるラインをデザインし
埋没法を両目に行いました。



手術直後です。
直後
しっかりとした平行ラインが生み出されました。
幅があるラインですね。

やや腫れはあるのでしょうが
すでにこの時点でも問題が少ない。
更にどんどんと滑らかになっていきます。



最後は1週間目のお写真を見ましょう。
一週間
なんとなくむくんでいたかな?というさっきの写真よりも落ち着いています。
大きくは変わっていないですが。
でもいろいろ落ち着いて、いい感じです。
目が丸く、大きくなりましたね。


ラインの幅があれば
アイラインをある程度強くしても
まだ幅がつぶれずに残り、しっかりとラインとして主張してくれます。


どこまでのラインを求めるのか?は
それぞれのスタイル、趣味、となってきます。
しっかり考えて
希望するラインが自分の目で可能かどうか?
自分に合うものかどうか?等を
カウンセリングで明らかにしていくのがよいでしょう。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR