ぼやけたクセをはっきりさせる

今回はわりと腫れた例、といったところでしょうか。
腫れ、というか手術直後の下垂がやや目立った例です。


お写真を見ていきましょう。
まずは手術前。
手術前
ぼんやりした線は多いかと。
でもはっきりしないので
そこをはっきりさせていきましょう。


埋没法を両目に行っています。
手術直後見てみましょう。
直後
うーん、目を開けづらそう。
直後の下垂の影響がわかります。

ただ、数時間するだけでもだいぶ違います。
2日くらいすると更に違います。
大きな腫れは無いので、すぐ変わってきます。
まずは待ちましょう。




ということで1週間目。
一週間
目の開き、すっかりいいですね。
非常にいい感じです。


手術直後は うーん、という感じでしたが
すぐにここまで落ち着いてきました。
良いですね。


「腫れない」を目指しておきながら
下垂の多かった例ですが
やはり工夫した手術では回復が速い、ということは言えます。
もともと下垂がややある人は、埋没法直後こういった感じになりやすいですが
その下垂が持続しないような裏ワザをかませてあるわけです。
そもそも下垂が起きないような工夫、そこを更に掘り下げていってます。




関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR