繊細かつ目を映えさせるライン。

二重手術をすると
わざとらしい感じや不自然になってしまったりするんじゃないか?
と心配している人は多いです。


でもたとえば奥二重のラインを生み出すだけでも感じがかわったり、その上で不自然、ということはないのではないかと思います。


今回の例は
奥二重ではなく、ラインがしっかり見えますが
派手ではなく
ごく自然に感じるもの。
参考にしてみてください。




まずは手術前のお写真から。
手術前
一重まぶたの印象の目です。
実際は奥二重があるかな、というところ。
ここにより広いラインを生み出していきましょう。



手術直後のお写真です。
直後
微妙に目の開きが弱くなっているという以外には
大きな腫れもなく
すでにラインが綺麗に出ています。

ただ、ちょっとの下垂があるので
特に本人には、ちょっとだけ変な感じかと。

すぐに治ってくるので
様子を見ていきます。



ということで1週間目。
一週間
メイクやコンタクトがはいっているのもありますが
2枚目と比べると、目の開きが良くなっています。

ほんとちょっとした差なのですが
3枚目の方がずいぶん目がはっきりしますね。
非常にいい感じです。



こんな風にメイクとあいまって
実に目を生かしているこのライン。
決して不自然なものではないと思います。
こういった自然なラインを生み出せば
冒頭に書いたような危惧のある方でも、全然心配ないのではないかな、と。


より広いラインを求める人は
それはそれで広いラインを生み出すことを考えていっても良いでしょうし
あとは個人個人の感覚次第、となってきますね。





PS
拍手コメントへの返事です。



>しーさん
みんないろいろなことを考えて手術やカウンセリングに臨んでいるわけですよね。
気持ちすべてが通じたり、わかったり、というわけではないし
リクエストに応えられないこともあるのですが
お互いの考えをすりあわせ、できる限り良いものを生み出していきたいです。



>ゆりさん
ありがとうございます!
お会いできる日を待っていますね!!
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR