目頭からのラインへ。

今回のお写真は
末広型で、目の途中から始まるラインを
より目頭側から伸びるラインへと生まれ変わらせた例です。


微妙に内側を埋没法で広げることで可能な例もあれば
目頭切開を必要とする例もあります。
今回は埋没法でのお写真です。



まずは手術前から見ていきましょう。
手術前
もともとラインがあり
綺麗な目ですが
もう少し目頭側から伸びるラインを希望して
埋没法を両目に行いました。



手術直後のお写真です。
直後
大きな腫れはないものの、微妙に目の開きが弱まっています。
それでちょっと腫れて見えています。
すぐに落ち着いてくるので経過を見ていきましょう。




1週間目のお写真です。
一週間
目の開きも戻り
すっかりいい感じになっていますね。

1枚目のお写真と比較して
より目頭側の幅が強調されたことがわかりますね。


内側~真ん中あたりを広げましたが
わざとらしさもなく
非常に自然ですね。




こういった感じで
途中からはじまるライン
急にはじまるライン等と呼ばれるものを
目頭から伸びるラインにしたい、という希望の方はけっこう多いです。


手術前にしっかりシミュレートし
どのようなことが可能なのか?を把握し
希望のラインを手に入れていきましょう。







PS
拍手コメントへの返事です。


>やいこさん

目頭切開は基本的には
蒙古ヒダをなくす、という手術なので
だいたいのかたちはその人の目によって決まってきます。
そこをいろいろ細工すると
変にかたちがかわったり、もどったりしやすくなるので
まずは自分の目の場合はどんなことが通常の手術で行えるのかを
カウンセリング時に確かめていくことが重要です。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR