埋没法+目頭切開  より美人系へ

今回のお写真は埋没法+目頭切開の例。


蒙古ヒダの部分を整え
皮膚によって隠れている部分を出してあげるのが
目頭切開手術。


そういった身体的特徴を変化させることによって
どのような印象の変化が出てくるか、について
今回は書いていきます。




ではお写真にうつりましょう。
上のお写真は手術前
下が手術から1カ月目となります。

手術前

一か月


変化しているのがわかりますね。
目頭側、鼻側の白目の面積がおおきくなり、赤い部分もより見えています。
蒙古ヒダ、と呼ばれるヒダの部分がなくなり
そこに引っ張られていた皮膚で隠れている部分が出てきたわけです。
今回の例では、蒙古ヒダがわりとはっきりしているので
その分変化度もしっかりとあったわけです。



上下の写真を比較すると、
上(手術前)は目と目の距離があり、内側が丸くどちらかというとかわいい系というのが近い。
下(手術後)は目頭側がシャープになり、目の距離も少し狭くなり美人系の印象。
上記したような変化がこういった様な印象の変化とつながっているのです。



この2枚のお写真を比較したとき
どちらが良い、悪いというのは特にありません。
どちらもOKだと思います。
ただ、印象の違いがあるので
どちらがより好きか?個々人で変わってくる好みの部分で差があると思います。
目頭切開をやるほうがよいか
やらないほうがよいか。
しっかりと考えたうえでの施術が必要となってきます。
カウンセリング時にいろいろとたしかめながら考えていきましょう。


目頭切開のシミュレートの際に
きつく印象に見えてしまう、だとか
目が近すぎるように感じる
もしくはなんとなく変で嫌だ、といったときには
施術をせずにそのままの目でいたほうが無難と言えます。
そういった点をクリアして
考えたうえでの施術であれば
特に問題は無い、と言ってよいでしょう。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR