はっきりとした印象に変えていく!

今回は、薄いクセしかなく
はっきりしないラインを生まれ変わらせる例。



さっそくお写真を見て検証していきましょう。
手術前です。
手術前
薄いクセがみられますが
あまりはっきりしません・


何本かこういった線があっても
二重ラインとは言えないものばかり、という場合
クセを生かしつつ
しっかりとしたものに生まれ変わらせていくのは
目の印象をはっきりさせていく、という観点から見て
非常にいい手法です。




埋没法手術直後です。
直後
少しだけ腫れてややラインが強調され
広く出ている状態です。
大きな腫れは無いのですぐに落ち着いてきます。


最後は1週間目です。
一週間
問題なく落ち着いています。
いい感じですね。


薄いラインが何本もあり
それが薄いもの過ぎて
はっきりしない、というケースの場合は
このようにきちんとラインを出していけば
かなり目の印象はしっかりします。


ラインが薄い、はっきりしない、は
ぼんやりとした印象につながりやすいので
このようなパターンの変化は非常に効果的。
クセがしっかりしたラインにならなくて困っている人には
埋没法は強い力になることと思います。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR