目頭側のラインを広げる。

今回は、目頭側のラインを広げるパターン。


人によっては簡単に広げることができるけれど
別な人では難しかったり。
蒙古ヒダや、もともとのラインの入り方・流れ方によっても違います。
そういった部分をチェックし
どんなことが可能かどうかを見ていきましょう。







まずは手術前。
手術前
綺麗な末広二重です。


十分に美しいラインだと思いますが
目頭側を広げ、平行ラインを生み出していきましょう。


埋没法を左右の目に行いました。
手術直後のお写真です。
直後
極端ではないですが、腫れています。
ちょっと開きが弱くなっています。
特に左側の目頭側の開きが落ち、腫れて見えています。
ただ、大きなものではないので、どんどん変わっていきます。


ということで1週間目。
一週間
すっかり落ち着き
いい感じの広さになっていますね。


末広→平行の変化をつける際には
ちょっとこだわった糸のつけ方をしていますが
その甲斐あって綺麗なラインですね!




PS
無事移転、果たしました!
今後ともよろしくお願いいたします。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR