丸くする。

今回の変化は一重→二重の変化です。



一重の目にラインを生み出していくと
目の輪郭が丸くなります。


一重がクールな印象でよい、という人もいるし
二重の方が優しく見えてよい、という人もいる。
どちらがよいか?は、それぞれの趣向で分かれてきます。




では今回の例を見ていきましょう。
まずは手術前から。
手術前
一重まぶたです。


ラインを生み出していくと
どのような変化があるのかを見ていきましょう。



左右両目に埋没法を施行します。
手術直後のお写真で見てみましょう。
直後
ライン自体が見える他に
黒目の見え方が変わっているのもわかりますね。


黒目がより大きく出るようになっている。
開きが大きくなり
輪郭も丸くなっているわけです。


ただ、手術直後なので
少しだけ目が開きにくくなっています。



最後は1週間目です。
一週間
目の開きも治っていい感じに落ち着いています。


1枚目のお写真と比較すると
変化がよくわかりますね。


目が丸くなり
パチッとして見える。
優しい印象がプラスされたと思います。




最初に書いたように
一重、二重 それぞれの印象はどちらが良い、とも言えない。
完全な優劣がつけられるものではないです。
ご自身にとってその変化が有用なものかどうか。
そこがポイント。
自分にとっていいか、悪いかをしっかり見極めていくことが大事ですね。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR