クセを利用し、更に好みのラインに。

今回はクセを参考にしつつ
アレンジを加えたラインを生み出した例です。



だいぶクセはついても
はっきりしたライン、とまではいかないケースも多い。
しっかりしたものに生まれ変わらせるべく
埋没法を施行していきましょう。




まずは手術前です。
手術前
二重、といってもよいかな?と言い位のクセはあります。
でもやや薄い。

このクセを参考にしながら
しっかりしたラインを生み出していきましょう。



埋没法手術直後です。
直後
少し充血し、うるんでいる感じ。
あとはラインがやや広くでていて
泣いた後のような感じですね。
ちょっとの腫れなので、これはすぐ落ち着いてきます。


最後は1週間目。
一週間
クセのラインより微妙に広めなラインが完成しました。
術前写真と比較すると明らかにくっきりしますね。


メザイク等でのくせづけで、あと一歩!
という場合には埋没法でアシストしてあげることは非常に有効。


クセ通りにしっかりさせたり
もしくは今回のように微妙にアレンジを加えたり
いろいろな可能性は考えられます。
うまく目を生かせるラインはどんなものなのか?を検討しながら考えていきましょう。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR