埋没法による目の変化

今回は埋没法の症例です。


一重に近い状態からのライン変化の例です。
少し詳しく見ていきましょう。





まずは手術前です。
手術前
右は一重、左は奥二重の目です。

ラインがあるので、左目の開きの方がやや大きく見えます。
左右両目に埋没法を行い
ラインを整えていきましょう。



手術直後です。
直後
1枚目のお写真と比較してわかることは
目の開きの違い。
左目に注目すると、手術後の写真ではやや黒目の見えている面積が小さい。
右目の黒目はそんなに変わりはないです。

いつも書いていますが
手術直後で、糸をつけたことによる下垂現象が起きているわけです。
でも一重→二重という変化が起きると目の開きは少し大きくなるので
右はプラスマイナスゼロ
左はもともとラインがあったので、下垂の影響だけ出ている
そういったところです。


いずれにせよ大きなものではないので
どんどん落ち着いていきます。



ということで1週間目。
一か月
左右共に開きはしっかりしていますね。
落ち着いて、非常にいい感じです。


ラインを生み出すと
やはり目は大きく見えます。
シミュレートで事前に状態を確かめ
そのラインの変化が自分にとって有用なものかどうか
そこをしっかりと把握して
手術を決定していきましょう。




PS 拍手コメントへの返事です。

>mさん
とれかけたラインを再生した例
探してアップしてみます。
お待ちくださいね。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR