広め二重。

今回は埋没法で広めの二重まぶたを生み出した例です。


広いラインがわりとたやすく可能な目の人もいれば
できない、という人もいます。
どんなラインが可能かは
人それぞれかなり違うので、シミュレートして確かめながら考えていきます。


今回の方は可能、という判断ができ
なおかつしっかりメイクするタイプ、ということで
広めのラインで設定したわけです。



まずは手術前のお写真を見てみましょう。
手術前
末広ラインがありますね。
ここから埋没法で広げていきましょう。


手術直後です。
直後
直後の腫れもあり、広めに見えますが
実は少し腫れている程度です。
ある程度広めに設定している、ということです。
でも、もっと落ち着いてきます。
すっぴんだと広く感じやすい、というのもありますね。



最後は1週間目。
一か月
2枚目と比べ細かく見ていくと
落ち着いたのがわかります。


メイクをすることで
広いラインは更にいい雰囲気になりますね。



広いラインを求める人
狭いラインを求める人
それぞれの考え方はどちらもあり、です。
どういったラインが自分にとってよいものなのか?
そこを見定めていきましょう。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR