ライン・目の開き・横幅を広くする

今回は切開法の症例です。


ラインを生み出す全切開法
目の開きを大きくし、瞳をはっきり見せる眼瞼下垂に対する手術
蒙古ヒダをなくし目の横幅を広くする目頭切開


これらを組み合わせた手術を行った例。



切ることによって
腫れは大きくなりますが
落ち着くとやはり効果は大きい。


今回はその効果のほどを見るため
手術前のお写真
手術から1カ月目のお写真
その2枚を比べてみましょう。



手術前
手術直前

1か月後
一か月


もちろんメイクが加わることによってはっきりしている部分もありますが
それぞれの手術の効果がみてとれるのもわかります。



目頭側の白目の部分が横方向に拡大していることと
黒目が上の方まで出ていること
(コンタクトで目が大きくなっていても、そのコンタクトの上の方まで見えていますね。)
そしてラインももちろん生み出されています。



それぞれの効果が組み合わさり
目の印象は結構変化しました。
ぱっちりとした目、非常にいいですね。
次回以降で経過を追う写真を見ていきましょう。







関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR