控えめながらも目を映えさせるライン。

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください



今回は一重の印象の目(奥二重)にラインを生み出したもの。
当ブログでも頻繁に出てくる
控えめでありながらも目を映えさせる
繊細で美しいラインの例です。



まずは手術前です。
手術前
奥二重で、左右ともにはっきり見えるラインはありません。
ラインを広げて、見える感じにしていきましょう。
左右両目に埋没法を行い、幅を出していきます。


手術直後のお写真です。
直後
ラインが生み出されているのがわかります。
でもやや腫れていますね。
腫れは右>左でちょっと見受けられます。
これは右の方が糸をつけた影響を受け
目が重くなっている状態です。
微妙な差ではありますが、右の黒目の方が左目に比べて隠れている部分が多いですね。
手術後すぐはこんな感じですが
すぐに落ち着いてくるので安心して様子をみていきましょう。



最後は1週間目です。
一週間
左右共に美しいラインが生まれていますね。
広いラインではないですが
自然に目を映えさせています。


広さに頼らずに目を大きく見せる。
こういった狭めのラインは
派手なメイクでなくとも
ナチュラルメイクやすっぴんでも目が映え
有効な手段と言えます。


強い化粧が多い方の場合は
広いラインが有効なので
その方その方のスタイルによっても変わってきますね。





>さちさん
目頭切開の経過で
すっぴんの状態のお写真ですが
下記の記事の方は
以前に当院で目頭切開を受けた方。
その記事の時点(埋没法を受けた)では目頭切開から2カ月目。
すっぴん状態です。↓
こちらをクリックして読んでみて下さい

2カ月目ではまだ完全に治癒しているわけではないですが
かなり治ってきていてあまり目立ちません。
更に落ち着いていくことと思います。


こんな感じが一般的な経過かなと思います。
もうちょっと遅い方もいたり
個人差はありますが参考にしてみてください。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR