派手すぎない平行。

今回のお写真は平行型ライン。
といっても目頭側の幅が広すぎず
自然に伸びる
派手すぎない平行型ラインです。




手術前のお写真を見てみましょう。
手術前
右はラインがあります。
左は薄い。
これだけ見ると片目の施術でも良さそうですが
右も薄くなることが多いとのことで
左右両目とも施術を行っていくことを計画しました。
左もほぼクセ通りでOKだったので
揃えやすい目、と言えます。



埋没法手術終了直後です。
直後
少しだけ目が開きにくくなっています。
よくこのブログでも書いていますが
手術直後の糸がつくことによる目の下垂現象です。
少し経つと目の筋肉の方が慣れてきて
開きが落ち着いてきます。

右はそのままのラインで施術して
少しだけ下垂してラインが広く見えていますが
大きな腫れが無いことがわかりますね。


ということで最後は1週間目。
一週間
開きが戻っています。
微妙に目頭側に幅のあるライン。
派手すぎない平行型ライン、とでも言いましょうか。
このブログでもたびたび出てきて
人気のラインとも言えます。


目頭側からきちんと伸び
いい感じのラインです。


人気のラインではありますが
目のかたちによって埋没法での実現が可能、不可能
そこは分かれてきます。
しっかりとカウンセリング時にチェックして施術に臨むのがよいですね。








関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR