美しく映える目を目指す。

今回も定番。
クセを生かした埋没法です。


いつも通りとほぼ変わらぬ状態を生み出す
そういった変化ならぬ変化かもしれません。



ではさっそく見ていきましょう。
手術前です。
手術前
左はけっこうクセがわかります。
よーく見ると右にもうっすらと同じあたりに線がありますね。

こういった部分を生かしながら
左右を調節し
二重ラインをデザインしていきます。




埋没法を両目に行い、手術直後のお写真です。
直後
ラインがはっきりしましたね。
手術直後なのでやや線があいまいな部分もありますが
大きな腫れもなく
すでに良い感じなのではないでしょうか。


最後は1週間目のお写真を見ていきます。
一週間
まつ毛やライン、とメイクが加わると
更に映えますね。
ディファインやカラコンでも印象が変わるのもわかります。
うまい感じに生み出されたラインを生かしている感じです!



ラインの存在により
メイクの幅が広がる、という
狙い通りの効果が出ています。



メザイク等使っている際のいつも通り、というところで
他人から見た場合はほとんどなにも変わっていない
となるかもしれませんが。
そういった部分も狙い通り、と言えますね。





PS
拍手コメントへの返事です。


>まりさん
申し訳ありません、このブログでは目まわりのお話のみ取り扱っています。
脱毛についてのお話を僕から詳しく聞きたいのであれば
カウンセリングにいらしていただければ、と思います。
宜しくお願いします。



>ゆかさん
蒙古ヒダの張りが少ない
もしくは、目頭側の赤い粘膜の部分がけっこう見えている
という場合は目頭切開の効果は薄くなります。
効果がほとんどない、というケースもあり得ます。
この辺りは診察ですぐにわかるところではあるので
事前に判断ができますね。


>うさぎさん
通常、ある程度の下垂はほとんどのケースの埋没法で起きます。
挙筋法、瞼板法に限らず起こることは多いのです。
状況によっては強い下垂が出ることもありますが
時間を追っていけば、改善されます。(下垂が強い場合は2~3週前後かかることもあります)
ただ長い期間で目が落ち続けてしまう場合は
手術を受けたところで再度見てもらう方がよいでしょう。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR