2月

2月になりました。
今月もよろしくお願いします!




今回のお写真は
一重の目からの変化
クセの部分を参考にして
デザインを行い、自然かつ目を映えさせるラインを生み出した例です。



まずは手術前です。
手術前
両目共に一重です。
ただ、よく見ると薄いクセがありますね。
ここを生かすようにデザインし
両目に施術を行っていきます。



埋没法手術直後です。
直後
少し目が開きづらくなっていますね。
右の方がより開きが弱い。
そのせいで右の方が腫れて見えます。


しかしながら大きな下垂ではないので
(ガチャピンまではいかないですね。)
すぐに落ち着いてきます。



ということで1週間目。
一週間
微妙に重かった目の開きが
すっかり落ち着いていますね。
ちょっとの部分でもずいぶん違って見えるものです。
少しの腫れや下垂でも
こうやって違いが見えてくるので
目の腫れ、というのは大変ですね。


大きく腫れてしまうとすごく目立ってしまうわけです。
「腫れない」を目指して
丁寧かつダメージの少なさを心がけていけば
腫れが少ない、もさながら
はやく引く、ということが可能になります。
ここは大きなポイント。


カウンセリング時にも
2日すればかなり違う、と話しています。
最初の下垂の部分の変化の時間と言えますね。




PS
拍手コメントへの返事です。



>唯さん
2月もモニター募集しています。
ご検討くださいね。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR