埋没法で目をしっかりと開いたものに。

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください





昨日のブログは
切開をして目を開ける筋肉の腱を操作し
目の開きを大きくした例でした。

今回のお写真も
目の開きが大きくなっています。
でも、下垂に対する特別な手術をしたわけでなく
はっきりしないラインを
埋没法ではっきりさせた、というもの。



まずは手術前から見ていきましょう。
手術前
おそらくはもともと一重まぶたで
クセがついてきた、でもしっかりしたものではない
という状況なのだと思われます。


目を開ける能力にはほとんど問題はないが
ラインがしっかりしていない
こういった場合には
ラインさえしっかりしたものに生まれ変わらせてあげれば
さらに目の開きも大きくなり、ラインと相まって大きく見えもします。


ということで埋没法を行い
ラインをしっかりさせていきます。



手術直後のお写真を見てみましょう。
直後
この時点ですでに目がはっきりした感じ!
まだまだ腫れもあるのでしょうが
ラインがしかりして皮膚が引き込まれる分
目が大きくなっているわけです。



最後は1週間目です。
一週間
2枚目、3枚目を比較すると
腫れの少なさはお分かり頂けると思います。
ただ、1週間後のお写真はどことなく滑らかになっています。
細かい部分ではありますが。



眼瞼下垂の手術が必要なケース
通常の埋没法だけでも問題ないケース
いろいろとパターンはわかれてきますので
そこをしっかりと見極めていくのが大事になってきます。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR