目の開きを大きくする切開手術

今回は切開での眼瞼下垂手術のお写真です。


やはり切開を伴う手術はダウンタイムが長くなります。
ただ、切らないタイプの手術では実現できないレベルまで
ラインや目の開きを持っていくことは十分可能です。



まずは手術前です。
手術前
病的な下垂があるわけではないですが
瞳孔の部分までまぶたがかぶって見える。
より大きな目にすべく切開による下垂手術及び目頭切開法を施術しました。


手術直後です。
直後
結構腫れています。
内出血も多いし、二重のラインから下の部分がかなりぷくっとしています。
落ち着くまで時間を見ていかなくてはなりません。


でも、この時点でも、黒目がずいぶん見えるようになっているのがわかります。
二重ができることによって目が大きく見えるのと
さらにプラスして、目が大きく開くよう
目を開く筋肉、(挙筋と言われるものですね)
を調整しています。
細かく言うと、挙筋の腱の部分を操作しています。


抜糸の際のお写真に移ります。
今回の例では6日目です。
抜糸時
内出血が広がったのがわかります。
でも広がるといっても
薄くなって広がっていくので
もう1週くらいあればかなり消えます。



最後は1か月目です。
一か月
かなり落ち着きましたがまだ完全ではないです。
傷や内部処理をした部分はやや硬さが出るので
ややかたちにずれがでるにはでる、というところ。

ただ、まだ左右差はあれどもこの時点でもかなり落ち着いているので
経過を見ていけばよいと思います。
傷の部分が柔らかくなってさらに落ち着くのがたのしみですね。



1枚目のお写真と比較すると
かなり目の開きに変化が出ているのが
おわかりいただけますね。


時間は変わりますが
印象を変えたい、目を大きくしていきたい!
という場合には非常に有効な手段と言えます。







>Sだ様

レーシックをした方でも抜糸、埋没法の施行等可能です。
あと、眼科で目をひっくり返しての検査も問題ないですよ!


おまちしておりますね。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR