広め平行

今回はけっこう広め。
広い平行型を埋没法で生み出した例です。



お写真を見ていきましょう。
まずは手術前のお写真です。
手術前
左右共にラインがすでに見られます。
ここから広げていき、平行型のラインを生み出していきましょう。


この写真をよく見ると
目の上がすこしくぼみかけているのがわかります。
よーく見てみなくてはわかりにくいですが
脂肪の少ない目なので
現在のラインは狭めでも
広いラインが可能なのです。



埋没法直後のお写真です。
直後
広めの平行型が生み出されています。
この時点でも大きな腫れはありません。
やや目の開きがよわくなっているのかな?という点くらいでしょうか。
この点はすぐに落ち着いてきますね。



最後は1週間目です。
一週間後
蒙古ヒダがあると平行ラインは絶対無理、という言い方をする方もいますが
必ずしもそうではなく、その方その方の目次第です。
あとはライン次第。


蒙古ヒダに引っ張られて
すぐにラインがなくなってしまう、というパターンも
目、ラインによってはあり得ます。


そういった点も含めて
カウンセリング時にチェックしていきます。



蒙古ヒダがあっても
年齢を重ねると平行で広めなラインが
自然に出てくる人もいるので
蒙古ヒダがあれば平行は無理、とは決めつけられない。
しかしながら目頭切開を行ってヒダを解消していく必要のあるケースもあるので
どこまでを求めるか
どこまで手術を行うか
といったあたりを決めていかねばなりません。



あとはこのお写真を見て気づくのは
ラインが中にもう一本あること。
もとのラインが見えているわけですね。
三重まぶた、です。
この部分はどう考えるか。
そこはひとそれぞれ。
なるべく三重のラインが出にくい様に
あまり広げない、という手もあります。

二つのラインの広さに差がある場合
三重まぶたが目立ちやすいからです。
逆に二つのラインが近ければ
目立ちにくいわけです。



ただ、だんだんと目の上の脂肪が少なくなってくると
二重ラインの上に自然にもう一本ラインが出てくることはあるので
そういった場合は三重まぶたになるわけです。
でも自然になってしまう、というものなので
不自然、とは言い切れない部分もあります。



メイク等でうまく補っていく、ということで
三重はあまり気にしない、という人も多いです。
本人の趣向しだいですね。




PS
拍手コメントへの返事です。


>あゆみさん
切開法を行う際に、埋没法の糸をとることは可能ですし
普通に大部分は内部処理の際にとれてしまいます。

通常行う場合、追加料金はとっていません。

モニターでない場合は
確認用に術前のお写真を撮影しています。
それ以降は基本的には撮影していないです。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR